サヨリ 閂(かんぬき)/ えんぴつ2016.02.17 

IMG_1033

流麗な姿と淡白な中にあるしっかりとした甘みのあるサヨリ。まさに魚界の麗人美人ですね。

中でも30㎝を超える大型のサヨリは、味の深み、甘さ、食感など全てにおいて別格です。その姿形が観音開きの門を閉めるときに横に通す閂棒に似ていることになぞらえて、玄人の間では、閂(かんぬき)と呼ばれています。「閂」といえば、「春になると出回る最上級のサヨリだな」とわかる人にはわかるというわけです。

対して、一般の店頭に並んでいるサヨリは小型のもの(10〜15㎝)は、格下で、「えんぴつ」と呼ばれています。

IMG_1033
サヨリは隠語として用いられることがあります。

見目麗しき腹黒い女性

サヨリは外見がスマートで抜群のプロポーションでありながら、腹腔内に真っ黒な苦い薄い膜があるため、そのような女性の喩えとして使われるのです。サヨリには迷惑な話ですね。

IMG_1041